トノログ

漫画家・冬乃郁也のお仕事情報&日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青少年育成保護条例に関して

twitterなどで、お話ししておりました、東京都青少年保護育成条例改正案について、ツイート頂いたり、コメントを頂いております。
ツイートの方は、あくまで私が感じたことなどを瞬間的にメモしているだけですので、改めてブログできちんとまとめようと思っていました。

詳細はこちらのサイトがわかりやすくまとめているかと思います。
是非、目を通して下さい。

青少年保護育成条例改正問題について

知ってください。そして、考えてください。

一番言いたいのはそこ。

今回の法案の問題点などについても、上記のサイトに書かれていますので、何が問題なのか、反対している人はどうして反対しているのか、よく考えてほしいと思っています。

ちなみに、私も反対しています。
どうしても話題に上るのが、「拡大解釈によって読みたい漫画が読めなくなる」という点です。
しかし、もっと恐ろしいのが、この法案を拡大解釈すると、言論統制、思想統制、表現の統制、になりかねないということです。
そんな危険な余地のある法案が通ってしまうのは、いかがなものかと。
えん罪だって生まれるでしょう。

もしかすると「BL作家が、自分の仕事がなくなると思って、騒いでるんだろう」と思われる方がいるかもしれません。
「マンガなんてこの世からなくなってもかまわない」と思っている人もいるでしょう。
そういう立場の人だって、今回の件は人ごとじゃありません。

もちろん、表現によって誰かが傷つけられたり、あきらかに公序良俗に反するような表現だったりしたら……それは取り締まられて当然ですし、ゾーニングは絶対に必要だと思っています。

「けしからんものだから、大人が自己責任の上で、こっそり楽しみましょうね。子供にみせちゃだめですよ」

だった話が、

「けしからんものは、この世から根絶やしにした方が、世の中きれいになっていいよね」

という話になるわけです。

反対の立場の方は、それぞれ意思表明し、働きかけをしています。
私も出来ることをしようと思っていますし、反対派が増え、法案改正が中止されることを望んでいますが、

まずは、知ってください。そして、考えてください。そして、想像してください。

自分には関係ないと思うようなことでも、社会はつながっていて、いつかは自分のところに巡ってきます。
その先を想像してほしいです。

その上で、反対の意志を表明したり、働きかけをしてくれると嬉しいです。
意見書を送る場合、地方の方でも反対表明はできますし、一意見として反映されますので、ご協力お願い致します。
この問題を知らない人には、 知らせてください。
そして、どうして問題なのか、説明してあげてください。

今回の法案改正問題について賛成意見をほとんど耳にしていないのですが、私には賛成する理由がどうしても見つからないのです。
どなたか私が納得できるように、賛成派の理由を説明してほしいと思っています。


ためてしまいました、レスです!


3/4 meguさん
そらのしょんぼり動画は、ちょっと前に撮ったモノなんですが、崎谷さんにブログにあげるようリクエストを頂きまして、上げてみました。あの調子でしょんぼりするので、ほんとに困ります(笑)
そらは、よく寝言を言ってます。ぷぷぷぷ……

3/4 弟がサザエさん
「そらくんが冬乃先生の飼い犬ではないという認識はしているのですが、冬乃先生が崎谷先生の家の子みたいです」とのことですが……よく言われます_/乙(、ン、)ヽ
ペンタブレットは、インテュオス4がお薦めです。手書きに近い書き味で、なかなかいいですよ。私はシンティックという液晶ペンタブを使っていますが、こちらはなかなか高額なので(^^;

3/7 同学年のTさん
「通販したそらバッグを娘さんに奪われた」とのことですが、学校に持っていってくれてるんですか!嬉しいですね~。普段使い出来るグッズをまた作りたいと思います!
携帯クリーナー、明日現物が届くので、ブログで見本をお見せしますね。

3/9 Yにゃさん
携帯待ち受けをゲットされました。ありがとうございます。平成のキャッツアイのCMはたまりませんですね。

3/19 Aさん
携帯待ち受け、どうぞ~。「バタフライ・ローズ」との読み間違い(笑)いつか、同人誌のタイトルで使わせてもらってもイイですか?(笑)
そして、今回の青少年育成保護条例改正問題については、ブログの通りです。
出版社やメディアについては、諸々の思惑やしがらみなどがないとは言えませんので、正直わかりません。
今回の問題をきっかけに、一人一人が自由とは何か、表現とは何か、責任とは何かを考えることも必要だと思います。
考えて、自分なりの意見を持つ。それが国の法律で守られているはずの国なんですけどね。

| 日記 | 05:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。