トノログ

漫画家・冬乃郁也のお仕事情報&日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お仕事情報諸々更新しました

ばったばったしております。
お元気ですか?冬乃です。

お仕事情報を諸々更新させて頂きました。
今月あたりから、ほぼ月刊ペースでなんかしらお目見え出来る状態になるかと思われます。
twitterでぽろぽろ漏れていると思いますが、アリエナイ進行状況です。なんとか頑張っております!

で、そんな中「鈍色の空、ひかりさす青」の文庫がもうすぐ発売になります。
この作品8年前に崎谷さんが同人誌で発表されたものをベースに、新たに書き下ろした作品になります。
当時も私が挿絵を描かせて頂いて、折々に同人誌を出したり、イラストを描いたりしていたので、おなじみの方も多いかと思います。
忘れもしない……当時、まだデビューもしてない私が、「美形ってどうやったら描いたらいいの?」なんてうなっていた頃に、あの超絶美形設定の絵を描くことになったのです。
当時ホントにへたくそで、美形どころかまともな絵も描けないようなありさまで、この8年はこの人を美しく描くために努力してきたと言っても過言ではないと言う(笑)
当時の絵とは、似てもにつかない何かになった自覚もございます、はい。

HPのTOP画像を見て、いつものイラストと印象が違うとの感想も頂きましたが、このお話については、確かに少しいつもと絵の描き方を変えています。
いつも漫画を描くときは、よりイラストレーション寄りというかデフォルメをするように意識的に描いています。
今回は、若干リアルな絵に寄せるように描いてみました。
ま、そんなに引き出しの多い人間ではないので(笑)かき分けが出来るわけではないのですが、気持ち?心意気?みたいな(笑)
個人的には、いい感じに仕上げられたんじゃないかと思っております。
那智の背中の刺青もがっつり描かせて頂きました!頑張ったので、是非お手にとって頂ければと。

でもって、新書館の漫画のほうは、初めての前後編となっております。
去年描かせて頂いた「キライにならないで」の続編です。不器用な敬語カップル(笑)を結構気に入っていましたし、最後までいたしてなかったなあと思い至りまして(崎谷さんにも指摘された・笑)描いてみました。
バタスカとはまた違った、のほほんとしたお話です。どうぞお楽しみに!

さて、これから怒濤のGW進行です!
twitterで生存確認出来ると思いますが、ブログの更新自体はちょっと滞るかも知れません。

ではでは!レスですー


4/2 藍裕さん
「バタスカ」限定版ご予約ありがとうございます!書き下ろし満載ですので、どうぞお楽しみに!

4/2 meguさん
はい、そんなわけでdrapのねこ田先生の同人誌に寄稿させて頂きます。余所様のキャラクターを描かせて頂くのは初めての経験ですので(崎谷のキャラは年中やってますが・笑)個人的にも楽しみです。
「マガーク少年探偵団」は、何というか子供の頃夢見た、秘密基地があって、街のなかの小さな謎を解いて……という、楽しいお話です。ずっこけ三人組はというよりも、ガキ大将のマガークがリーダーになり仲間の個性的な子供達が、自分の得意の分野で活躍する感じですかね。昭和の探偵ドラマのノリにちかいかもですね。

| 日記 | 07:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT